• メニュー
  • メニュー

【外装内装は一番好き】三井ホームの展示場訪問ブログ

三井ホームはハイコスト・坪単価が高いというのはわかっていたので、建てる考えはありませんが、ルーカス(LUCAS)という展示場の家がかなり好みだったので、吸い込まれるように訪問してしまいました^^;

外装や内装インテリアの参考にはとてもなったので訪問してよかったと思います。建てるつもりがなくても情報収集のために気になる展示場は行ってみることをお勧めします!

作りたい家のイメージを作るためにも、建てるつもりがないハウスメーカーでも気になるところに入ることは良いことですよ!


内装・外装が好みだった三井ホーム!

行った三井ホームの展示場は、LUCAS(ルーカス)という商品の家でした。

三井ホーム 展示場 ルーカス
https://www.mitsuihome.co.jp/home/product/lucas/

外観がウッドテイストとモダンな融合した形で非常に好みでした。

三井ホーム 展示場 ルーカス
三井ホーム 展示場 ルーカス

アキュラホームで建てることに決めましたが、この内装はぜひ採用したいと思いました。


キッチンハウスと提携しているところもいい!

三井ホーム キッチンハウス

三井ホームはキッチンハウスと提携して、特別なカタログを出しています。

だいたいキッチンハウスの定価が1,800,000円~(サイト参照)になっていますが、三井ホームのカタログだと1,500,000円(税込1,650,000円)~となっていました。

仕様と選べる種類が多いので何とも比較が難しいのキッチンですが、通常から見積もり取るよりはリーズナブルな価格で憧れのキッチンを導入できるかもしれませんね。

キッチンハウスを入れいたい!!という場合は三井ホームの選択もあるかもしれません。

キッチンハウスは洗練されたお洒落なキッチンを作る会社です。
最近は姉妹ブランドとして少し安価なグラフテクトが人気ですよね。


断熱材が珍しくロックウールな三井ホーム

最近の建物には、ネオマフォームのようなパネル型、アクアフォームのような吹付式、グラスウールの充填式がほとんどです。

ロックウールは湿気に弱いとか重みでずり落ちてくるなどからハウスメーカーがあまり推奨しない断熱材です、、ですが、三井ホームはあえてロックウールを採用しているんですよね。

逆にロックウールではなくグラスウールを推奨するハウスメーカーは、ガラスなので水は含まないから水に強い、ガラスだから燃えにくいという大きくこの2点でグラスウールを推奨してきます。(ほかにも防音性などもあります)

今の家もロックウールなのですが、最近は充填断熱には吹付断熱かグラスウールですよね。


インテリアは好きだったけど三井にする理由が見つからなかった

三井ホームは高め、というのは知っていたのでもともと検討外でしたが、とっても魅力的な外観、インテリアでした。

ただそれって他社ハウスメーカーでもできちゃうことで、断熱性能や他の部分に目を向けても、三井ホームじゃなきゃダメな部分があまりありませんでした。

家は営業。と思っている私たちも、営業さんも並み・普通、という辛口評価です。ごめんなさい。

坪単価も大手の中でもダントツ高いのが印象の三井ホームですが、あえてそれを選ぶほどの魅力はありませんでした。お洒落ですけどね!!とーーっても!!


ハウスメーカー選びをしていたら…

これから注文住宅を!という方は、何から始めればよいか分からないと思います。

まずすることが多いのが

  • ホームページで調べる
  • 展示場へ行く
  • 工務店へ行く
  • SUUMOカウンターへ行く

などだと思います。

家づくりが2回目だったのでSUUMOカウンターにはいきませんでしたが、足を使ってハウスメーカー・工務店選びをしました。

約1-2か月、相当な時間を使いました。。。

どんな手段をとってもハウスメーカーにとっては見込み客は超大事なので、どのみち営業をかけてくると思えば、途中までネットから便利なサービスを使えばよかったかも?と思っています。

その2つが、

  • カタログ資料の請求をする
  • 無料で間取りを提案してくれる

この2つのサービスです。

私たちも展示場巡りで相当な時間を使ってしまいました。

最初からたたき台となるものを入手していたら、もう少しHM巡りも効率的にできたかも?と思います。

無料カタログ資料の請求をする

ハウスメーカーに行ったり、ホームページなどからの照会でゲットできるカタログですが、これをLIFULL HOME’Sという一括請求サイトでもらうことができます。

サイトはこちら → LIFULL HOME’S

使い方は簡単です。

地域を入力する

カタログ請求したいハウスメーカーを選択する

お客様情報の入力

相談したい内容を選ぶ (任意)

検討状況や予算などを選ぶ(任意)

これだけ入力で3分くらいでできると思います。

カタログをよく見てまずハウスメーカーの特徴を勉強しましょう。だいぶ労力を抑えることができます。

ハウスメーカーからも連絡が来るかもしれませんが、断りたい時は「他社で検討することにしました」と言えば良いでしょう、気になるハウスメーカーであればぜひお近くの営業所・展示場を訪問してみましょう!!!


サイトはこちら → LIFULL HOME’S

無料で3社から間取りと見積もりをもらう

家づくり界隈ではちょいと有名なタウンライフ家づくり」というサービスの利用もおすすめです。


タウンライフ家づくりは、
3社から無料で間取りと見積もりをもらうことができるネットで唯一のサービスです。

営業さんと直接話すことができる展示場に足を運ぶこともとても大事です!
ですが、ネットからも無料でプラン・見積もりをもらうことができますので使わないともったいないサービスです。

登録会社は600社?くらいあるようですが、主要ハウスメーカーは以下の通りです。

地域によって出てくる会社は数社~10数社になると思います。

間取りはできるだけたくさん書いてもらいましょう!

ハウスメーカーや間取りを考える人によって、全然違う家になります!
絶対に1個、2個見ただけで決めてはダメですよ!

家の間取りは書く人によって全然違うものになります。

玄関の場所も違えば、駐車場の取り方も違ってきますので、生活動線が全然違うものになります。1つだけみて気に入ったとしても4~5案くらいは検討することをおすすめします。

展示場に行って営業さんと話し込んで間取りを書いてもらうのも大変なので「タウンライフ家づくり」で3社から無料でもらうのが良いでしょう^^

もしもこの会社!というのがなければ、木造メーカー、鉄骨メーカーと違う会社を選択して、どんな間取りが出てくるのか見てもよいですよね。

タウンライフ家づくりを使ってみる → 公式ページはこちら

登録は流れにそって3分で終わります!

入力はページに沿って促された通りに入力していけばよいので簡単です。

地域を入力する

家族構成を入力する

家の希望坪数を入力する

部屋数、LDKの大きさを入力

(希望)土地のサイズ

その他、家について希望入力

お客様情報の入力

これで完了です。

基本情報が入力できたら、選択した地域で参加しているハウスメーカーが表示されるので、見積もりと間取りを作ってもらいたい会社を選んで申し込みしましょう。。

提携企業は以下の通りいっぱいありますが、地域や希望によっては数社~数十社になると思います。

この時点では、その会社で建てる、建てないは関係ありませんので、ちょっとでも気になる3社を選んでみましょう。建てたかった会社があれば尚良いですね!

営業電話やメールがきても家はそう簡単に決められないので、普通に断っても良いし、もっと詳しくお話を聞くのも良いでしょう^^


タウンライフ家づくりを使ってみる → 公式ページはこちら

合わせて読みたい

【アップグレード豪華!】タマホームの展示場訪問ブログ
【平均以上の仕様】ヤマダホームズの展示場訪問ブログ
【仕様が物足りない?】アキュラホームの展示場訪問ブログ
【外装内装は一番好き】三井ホームの展示場訪問ブログ
【地熱床暖が売り】ユニバーサルホームの展示場訪問ブログ
【大本命!?】ヤマト住建の展示場訪問ブログ
【伸び盛り!!】アイ工務店の展示場訪問ブログ
【外観・内装はピカイチ】住友不動産の展示場訪問ブログ
【小さいころからの憧れ】ヘーベルハウスの展示場訪問ブログ
【家は性能で選ぶ?】一条工務店の展示場訪問ブログ
【LIXILに強い】アイフルホーム横浜西店(wingpass)展示場訪問ブログ
【規格型&Z空調】桧家住宅の展示場訪問ブログ
【外装内装は一番好き】三井ホームの展示場訪問ブログ
【断熱性能良し!】アエラホームの展示場訪問ブログ
【災害に強い家】レスコハウスの展示場訪問ブログ
【外張ダブル断熱の工務店】カキザワホームズの展示場訪問ブログ
【蔵はいいの?】ミサワホームの展示場訪問ブログ
【ラーメンが頑丈】住友林業の展示場訪問ブログ
【まさかの大穴?】住宅情報館の屋上QUAD VRに決めかけたブログ
【憧れのSE構法】円徳建工訪問ブログ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です