• メニュー
  • メニュー
ヤマダホームズ 展示場 ブログ

【平均以上の仕様】ヤマダホームズの展示場訪問ブログ

住宅展示場を廻っていたらヤマダ電機のマークのヤマダホームズが目に入り、ひょっとしてちょうどいい価格でいい家が建つのでは?と期待を寄せてヤマダホームズの展示場へ行ってみました。

ヤマダホームズの住宅は郊外の大型のヤマダ電機にも併設されていたりします。

家電やカーテンなども含まれたスーパーフル装備の家が人気のようです!


買収して大きくなりつつあるヤマダホームズ!

ヤマダホームズは、2021年現在で70周年記念と歴史のある会社です。

もともとは1951年(昭和26年)に大阪で立ち上げられたエス・バイ・エル(SxL)という会社で、神戸の芦屋などの高級住宅を取り扱う会社でした。60年の月日がたち、ヤマダ電機と資本提携をしました。

そして社名変更をして「ヤマダ・エスバイエルホーム」という会社名になりました。

住宅にもっと力をいれたヤマダホールディングスは、「ヤマダ・ウッドハウス」という会社を設立。

後にレオハウスを買収し、ヤマダ・ウッドハウスなどのグループ会社(エス・バイ・エル住研など)を統合してヤマダホームズが出来上がりました。

桧家住宅も連結子会社に入れて、つまり桧家とグループだったコンクリート住宅のレスコハウスも同時にヤマダホールディングスの参加に入りました。

めちゃくちゃざっくりな説明でごめんなさい!
グループとして大きな住宅メーカーに成長しつつある会社だとわかったと思います!
タマホームも買収するのでは?というウワサさえあり、そうしたら業界最大手になってきそうです。
大塚家具もヤマダホールディングスが買収しましたよね。


断熱性能や換気が希望のスペック通り!

ヤマダホームズの断熱材は、発砲硬質ウレタンの吹付断熱工法になり、壁は85㎜、天井は175㎜の吹付厚みになっています。

床は重みの影響を受けないためにグラスウールが利用されています。

また、プラズマクラスター搭載の第1種換気システムが採用されていて、Felidiaの場合はアルミ樹脂のアルゴンガス入りの窓になっています。

我が家が求めるものがだいた~い入っている感じったのがヤマダホームズでした。

  • 吹付断熱(グラスウールも可)
  • アルミ樹脂サッシ(商品による)
  • 第1種換気

と断熱性能で求めていた最低限が入ってくれていた感じです。

他にもオプションで制振ダンバー(TRCダンパー)を採用できたり、28㎜厚の剛床工法が標準だったりです。

上には上があるけど、スペックだけだったら申し分ないなぁ、という感じです。


営業さんがなかなか良かった!!

営業さんとの出会いは行ったタイミングによります。

その日が平日だったり忙しい土日だったり、予約していったり、飛び込みでいったりで出てくる営業マンさんが違います。

これにより担当営業マンさんがで決まってくるのって、まさに「縁」だと思います。

ヤマダホームズでは予約をしていったのですが、なかなか良い営業マンさんで、雑談から家の事、他のハウスメーカーのぶっちゃけ話からざっくばらんに話すことができました。

この人にお願いしたら、いろいろ頑張ってくるんだろうな~とすごく感じた営業さんでした。

ヤマダホームズに決めなくてごめんなさい!って感じです><

もしも関東圏でヤマダホームズをご検討している場合は、この営業さんをご紹介することもできます!仕事が早いしできる男です!
お問い合わせからご連絡頂ければ繋げられます。


特徴がちょっと弱いのもヤマダホームズ…

エス・バイ・エル系のヤマダホームズは、もともとが神戸の高級住宅まで出がける会社なので、オシャレな家を建てることは十分可能です。

エス・バイ・エル時代のパンフレットを見せてもらうこともできますし、費用さえかければ・・といった感じです。

ただ、坪単価でみてもそこまで安いわけではなく、桧家住宅のように屋上庭園がありますよ!とか、スキップフロアが得意ですよ!とか、特徴が弱いのもヤマダホームズでした。

営業さんが〇〇さんじゃなかったら、きっと早いうちに脱落していったハウスメーカーなのかな、と思っています。

100万200万は他社より高くなるとおもうといわれたので、それなら安くなるタマホームでもいいのでは?と思ってしまいましたのも事実です。


展示場が結構普通!

住宅展示場って現実離れした家が多いのですが、ヤマダホームズの家はよく言えば普通、悪く言えば普通、つまり普通の家でした!

リアル感があると言えばあるし、ワクワク感が弱いと言えばちょっと弱いです。

住宅展示場の家が豪華すぎてイメージが湧かないから、リアルサイズの家に案内するハウスメーカーもありますよね。

ヤマダホームズはワクワク感がなかったので、住宅展示場のすごい家もあながち大事なんじゃないかな?って思いました。


ヤマダホームズで建てる場合はスーパーフル装備の家がお得?

ヤマダホームズ スーパーフル装備の家


ヤマダホームズの商品の1つに「スーパーフル装備の家」というものがあります。

これは富士住建の「完全フル装備の家」と似たような感じで、エアコン、照明、カーテン、家電、家具がついてきますので、住むための諸費用を抑えることができますね。

営業マンさん曰く、やはりスーパーフル装備の家が人気だそうです!


ヤマダホームズの特徴と言えばこのスーパーフル装備の家になると思いますので、一度話を聞いてみるのが良いでしょう。

我が家は要望が多かったのでFelidiaというあまり装飾のないベースとなる家を元に積み上げていった形で見積もりをしてもらいました。

よくある断熱性能のグレードで商品分けをしているハウスメーカーではないので、選びにくい印象もあるかもしれませんね。

【おすすめ☆】無料で3社から間取りと見積もりをもらえるサービスを知っていますか?

タウンライフ家づくり」というサービスの利用をおすすめします。


タウンライフ家づくりは、
3社から無料で間取りと見積もりをもらうことができるネットで唯一のサービスです。

営業さんと直接話すことができる展示場に足を運ぶこともとても大事です!
ですが、ネットからも無料でプラン・見積もりをもらうことができますので使わないともったいないサービスです。

私たちも展示場巡りで相当な時間を使ってしまいました。

最初からたたき台となるものを入手していたら、もう少しHM巡りも効率的にできたかも?と思います。

登録会社は600社?くらいあるようですが、主要ハウスメーカーは以下の通りです。

地域によって出てくる会社は数社~10数社になると思います。

間取りはできるだけたくさん書いてもらいましょう!

ハウスメーカーや間取りを考える人によって、全然違う家になります!
絶対に1個、2個見ただけで決めてはダメですよ!

家の間取りは書く人によって全然違うものになります。

玄関の場所も違えば、駐車場の取り方も違ってきますので、生活動線が全然違うものになります。1つだけみて気に入ったとしても4~5案くらいは検討することをおすすめします。

展示場に行って営業さんと話し込んで間取りを書いてもらうのも大変なので「タウンライフ家づくり」で3社から無料でもらうのが良いでしょう^^

もしもこの会社!というのがなければ、木造メーカー、鉄骨メーカーと違う会社を選択して、どんな間取りが出てくるのか見てもよいですよね。

タウンライフ家づくりを使ってみる → 公式ページはこちら

登録は流れにそって3分で終わります!

入力はページに沿って促された通りに入力していけばよいので簡単です。

地域を入力する

家族構成を入力する

家の希望坪数を入力する

部屋数、LDKの大きさを入力

(希望)土地のサイズ

その他、家について希望入力

お客様情報の入力

これで完了です。

基本情報が入力できたら、選択した地域で参加しているハウスメーカーが表示されるので、見積もりと間取りを作ってもらいたい会社を選んで申し込みしましょう。。

提携企業は以下の通りいっぱいありますが、地域や希望によっては数社~数十社になると思います。

この時点では、その会社で建てる、建てないは関係ありませんので、ちょっとでも気になる3社を選んでみましょう。建てたかった会社があれば尚良いですね!

営業電話やメールがきても家はそう簡単に決められないので、普通に断っても良いし、もっと詳しくお話を聞くのも良いでしょう^^


タウンライフ家づくりを使ってみる → 公式ページはこちら

合わせて読みたい

【アップグレード豪華!】タマホームの展示場訪問ブログ
【平均以上の仕様】ヤマダホームズの展示場訪問ブログ
【仕様が物足りない?】アキュラホームの展示場訪問ブログ
【外装内装は一番好き】三井ホームの展示場訪問ブログ
【地熱床暖が売り】ユニバーサルホームの展示場訪問ブログ
【大本命!?】ヤマト住建の展示場訪問ブログ
【伸び盛り!!】アイ工務店の展示場訪問ブログ
【外観・内装はピカイチ】住友不動産の展示場訪問ブログ
【小さいころからの憧れ】ヘーベルハウスの展示場訪問ブログ
【家は性能で選ぶ?】一条工務店の展示場訪問ブログ
【LIXILに強い】アイフルホーム横浜西店(wingpass)展示場訪問ブログ
【規格型&Z空調】桧家住宅の展示場訪問ブログ
【外装内装は一番好き】三井ホームの展示場訪問ブログ
【断熱性能良し!】アエラホームの展示場訪問ブログ
【災害に強い家】レスコハウスの展示場訪問ブログ
【外張ダブル断熱の工務店】カキザワホームズの展示場訪問ブログ
【蔵はいいの?】ミサワホームの展示場訪問ブログ
【ラーメンが頑丈】住友林業の展示場訪問ブログ
【まさかの大穴?】住宅情報館の屋上QUAD VRに決めかけたブログ
【憧れのSE構法】円徳建工訪問ブログ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。