• メニュー
  • メニュー

【気になる儲け…】建売や売地の利益率はどれくらい?

建売や売地、不動産屋さんや工務店は一体どれくらいの儲けや利益をあげているんだろうって気になりませんか?(そんなこと思わない?)
安く土地を買って、その上に建物を建てる家はどれくらいで建っているのか気になるところを解説したいと思います。

おすすめ記事 → 【価格差はどれくらい?】注文住宅と建売住宅の違い

全てを知って、建売にするか、注文住宅にするか判断したいですよね。
何も知らずは怖い。。。😰

例から売地と建売の利益を見てみよう!

売地の利益について

土地だけの売地と看板が建てられている場合、どれだけ儲けがあるのか見てみましょう。

例:1600万円(土地仕入れ)+400万円(諸経費)=2000万円(原価)

この場合、300万円程の利益は確保するために、約2480万円程で売り出しが開始されることが多いです。

最初の出し値は高めで反響があるか試すことが多いです。また、その逆ですごく安くだして、問い合わせをもらって「その土地は売れちゃったんですよ~、他にこちらもあります」と釣るために打ちだす広告もあるそうです。

原価からの利益率を計算すると、約19.3%となります。

不動産って難しいですし、なんか怖いですよねー。


建売の利益について

さて、建売については以下の通りです。

例:1600万円(土地仕入れ)+1300万円(建築費)+400万円(諸経費)=3300万円(原価)

この場合、ざっくり3980万円程度で売り出しが開始されることが多いです。

原価からの利益率を計算すると、約17%となります。

建売はいくらくらいで建物を建てている??

上の例だと建物は約1300万円で建てられていることがわかりますね。
周りの建売を見てもざっくり1500万円~1600万円くらいだと思います。

今住んでいる近くの建売価格が5680万円でした。

土地が約42坪くらいで、坪80万円くらいの土地です。(あくまで予想です)

総額:5680万円
土地:3,360万円
建物:1300万円
諸経費:400万円
利益:620万円

利益率は11%くらいになります。
もう少し土地が安いかもしれませんがだいたいこのようなものでしょう。

外構もやってくれるのが建売なので、思ったほど不動産屋さんに利益がない感じですね。

もーっとたくさん儲けてるかな?って思ったけどそこまでもなさそうですね。
最近のウッドショックや設備の値上げで、不動産屋さんや建売業者は利益が削られていると思われます。

まとめ:

よくみる建売がどれくらい利益があるのか、どれくらいの土地と建物の割合なのか分かったかと思います。

建売のお得感をよく理解しながら、注文住宅で良い家づくりをしたいですね。

どこにも訪問しないで費用感をつかめる方法があります!

展示場や店舗を訪問しないでも、ざっくりこの間取りでこの費用というのが分かる「タウンライフ家づくり」というサービスがおすすめです。


このサービスは、
無料で3社から間取りと見積もりをもらうことができるネットで唯一のサービスです。

参加しているハウスメーカーの例になります。

展示場に行かないで大手ハウスメーカーから間取りをもらえるのはめっちゃいいと思います。

あまり本気じゃないと間取りや資金計画まで作ってくれないんですよね…。

展示場巡りも楽しいし、信頼できる営業さんと出会える場でもあるので、
おすすめは展示場巡りをしながら、タウンライフ家づくりでも間取りと見積もりを取る!です!

私たちも展示場巡りで相当な時間を使ってしまいました💦

しっかり話し込むと2時間くらいはかかっちゃんですよね。
最初からたたき台となるものを入手していたら、もう少しHM巡りも効率的にできたかも?と思います。


タウンライフ家づくりを使ってみる → 公式ページはこちら

間取りで生活が変わります!
プランはたくさん作ってもらいましょう!

間取りってハウスメーカーによってビックリするくらい全然違うものを書いてきます。

玄関が正反対の場所だったりなんてよくあることです。1つや2つだけ見て決めてしまうのはもったいないですよ!!

タウンライフ家づくりを利用すると3社まで無料で間取りを作ってくれます。

土地が無くても希望の家のサイズなどがあれば大丈夫です。もしも間取りが気に入れば、その間取りが入る土地探しができますのでぐっと探しやすくなると思います^^

登録は流れにそって3分で終わります!

入力はページに沿って促された通りに入力していけばよいので簡単です。

地域を入力する

家族構成を入力する

家の希望坪数を入力する

部屋数、LDKの大きさを入力

(希望)土地のサイズ

その他、家について希望入力

お客様情報の入力

これで完了です。

基本情報が入力できたら、選択した地域で参加しているハウスメーカーが表示されるので、見積もりと間取りを作ってもらいたい会社を選んで申し込みしましょう。。

提携企業は以下の通りいっぱいありますが、地域や希望によっては数社~数十社になると思います。

この時点では、その会社で建てる、建てないは関係ありませんので、ちょっとでも気になる3社を選んでみましょう。建てたかった会社があれば尚良いですね!

資料サンプルはこんな感じです。

タウンライフ家づくりを利用するとこのような感じで各ハウスメーカー・工務店から回答があります。回答の仕方は会社ごとそれぞれです。(※あくまでサンプルです)

タウンライフ家づくり サンプル
タウンライフ家づくり サンプル

見積書のサンプルです。

本来はローンの手数料や外構費用などいろいろな項目がもっと細かいですが、まだ情報が十分ではない状態なので、建物価格の回答となります。費用感として十分把握できるものになります。

タウンライフ家づくり 見積もりサンプル
タウンライフ家づくり サンプル 見積もり

家づくり計画書のサンプルになります。

希望の家が建つ土地の紹介、間取りや事例のご紹介がまとまった資料になります。

タウンライフ家づくり サンプル 家づくり計画書
タウンライフ家づくり サンプル 家づくり計画書

あくまでサンプルですが、こんな感じのプランや見積もりが無料でゲットできるなんて嬉しいですよね。
お願いしても見積もりも間取りもくれないハウスメーカーもチラホラ散見されますので。。。


タウンライフ家づくりを使ってみる → 公式ページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。