• メニュー
  • メニュー

【値引きがすごい?】住友不動産の注文住宅の価格のカラクリとは

住友不動産は値引き率がすごいとちらほら噂を聞きます。また〇月限定5棟キャンペーンなどキャンペーン広告が多いことも住友不動産を検討したことがある人は知っているはず。

営業マンさんによって値引きの仕方が全然違うと聞くけれど住友不動産の値引きのカラクリ、というよりは価格設定の方針について説明したいと思います。

ある人は500万も値引きがあった!私は全然なかった!住友不動産って何?!ってならないように、しっかり料金システムについて理解しておけば、住不で素敵なお家が建てられますよ。


住友不動産の値引きが500万!??

私の営業担当者さんは見積もり仕方が非常に現実的でしたが、聞いた話だと500万円の値引きがあった人もいたと聞きました。

この話は別のハウスメーカーの営業さんに聞いた話で、あまりの値引き率に驚いて駆け込んできたと言っていました。

実はこの値引きにはカラクリ、住不ならではのシステムがあります。


要は見せ方。できる割引はいつでも一緒。

要は見せ方です。

  • 最初の見積もりを高くして、あとでドッと大幅値引きをして成約をする。
  • キャンペーンを利用して、最初から安いと感じてもらって成約をする。
  • 最初から妥当な金額提示して、小幅の値引きで成約をする。

ざっとこんな感じです。


住友不動産の営業さんによってどう見せるか、魅せるかによって、同じ間取り・設備の家でも、結局できる値引きは一緒です。

  • 2500万円の見積もりを出して、500万円の値引きをする。
  • 限定5棟2000万円のキャンペーンで値引きはできないと言う。
  • 2200万円の見積もりを出して、200万円の値引きをする。

どれも2000万円です。

でも、お客さんの私たちにとっては感じ方も全然違いますよね。営業の手腕というところです。

値引きがすごすぎて不審に思う人もいるでしょうし、値引きが無くて値引きをしてくれるハウスメーカーにしてしまう人もいるでしょう。

いずれにせよ、営業さんを信頼できるかが重要だと思いますね!


すごく安いキャンペーンにもカラクリがあります

たまに以下のような安いキャンペーンがあります。

住友不動産  値引き
https://www.j-urban.jp/

これらのキャンペーンにもカラクリがあります。

価格的な見せ方トリックではなく、「間取りの制約」があります。

細かくは忘れてしまいましたが、家の躯体の雁行だったり(要はシンプル)、オーバーハングなしだったり(2階が1階より飛び出ること)、部屋数だったり、の制約があります。

家にこだわりがあるからこそ住友不動産で建てたい!となると思うので、意外と使いづらいキャンペーンでした。

細かくは展示場の営業さんに問い合わせてみてください。

アイ工務店は急成長中でいろいろな悪いうわさも聞こえてくるハウスメーカーです。
でもちゃんと満足する素敵なお家を建てられている方もたくさんいらっしゃいます。

神奈川エリア限定になりますが、私が建てたハウスメーカーの営業さんがアイ工務店へ転職していますので、安心できる営業さんを紹介することができます。一生懸命やってくれると思います。
アイ工務店が気になるけど、悪いうわさも気になっちゃってる方はぜひ、
お問い合わせください。


おすすめ記事:


見せ方だけじゃない本当にお得なキャンペーンもありますよ

キャンペーンは全部計算に織り込み済み!ということでも、やっぱりキャンペーンで安くなることもあります。特に決算期などですね。

例えば、例えばですが、地盤改良費が無料のキャンペーンがあったとしたら、もしも改良が必要だった場合50~100万円はかかってきます。それがキャンペーンだったらお得ですよね。

他にも他社では結構かかるところがキャンペーンに入っている場合もあり、比較することでお得に感じるキャンペーンもありますので、よーく調べる必要があります。

これってどうなの?というものがあったらコメントやお問い合わせから質問してみてください。答えられる範囲でお答えしますよ。

1社だけだと見積もりが正当か判断ができないので、他社から見積もりを取ることをお勧めします。↓で紹介するタウンライフ家づくりの利用がおすすめですよ。


これから注文住宅を!という方は、何から始めればよいか分からないと思います。

まずすることが多いのが

  • ホームページで調べる
  • 展示場へ行く
  • 工務店へ行く
  • SUUMOカウンターへ行く

などだと思います。

家づくりが2回目だったのでSUUMOカウンターにはいきませんでしたが、足を使ってハウスメーカー・工務店選びをしました。

約1-2か月、相当な時間を使いました。。。

どんな手段をとってもハウスメーカーにとっては見込み客は超大事なので、どのみち営業をかけてくると思えば、途中までネットから便利なサービスを使えばよかったかも?と思っています。

その2つが、

  • カタログ資料の請求をする
  • 無料で間取りを提案してくれる

この2つのサービスです。

私たちも展示場巡りで相当な時間を使ってしまいました。

最初からたたき台となるものを入手していたら、もう少しHM巡りも効率的にできたかも?と思います。

無料カタログ資料の請求をする

ハウスメーカーに行ったり、ホームページなどからの照会でゲットできるカタログですが、これをLIFULL HOME’Sという一括請求サイトでもらうことができます。

サイトはこちら → LIFULL HOME’S

使い方は簡単です。

地域を入力する

カタログ請求したいハウスメーカーを選択する

お客様情報の入力

相談したい内容を選ぶ (任意)

検討状況や予算などを選ぶ(任意)

これだけ入力で3分くらいでできると思います。

カタログをよく見てまずハウスメーカーの特徴を勉強しましょう。だいぶ労力を抑えることができます。

ハウスメーカーからも連絡が来るかもしれませんが、断りたい時は「他社で検討することにしました」と言えば良いでしょう、気になるハウスメーカーであればぜひお近くの営業所・展示場を訪問してみましょう!!!


サイトはこちら → LIFULL HOME’S

無料で3社から間取りと見積もりをもらう

家づくり界隈ではちょいと有名なタウンライフ家づくり」というサービスの利用もおすすめです。


タウンライフ家づくりは、
3社から無料で間取りと見積もりをもらうことができるネットで唯一のサービスです。

営業さんと直接話すことができる展示場に足を運ぶこともとても大事です!
ですが、ネットからも無料でプラン・見積もりをもらうことができますので使わないともったいないサービスです。

登録会社は600社?くらいあるようですが、主要ハウスメーカーは以下の通りです。

地域によって出てくる会社は数社~10数社になると思います。

間取りはできるだけたくさん書いてもらいましょう!

ハウスメーカーや間取りを考える人によって、全然違う家になります!
絶対に1個、2個見ただけで決めてはダメですよ!

家の間取りは書く人によって全然違うものになります。

玄関の場所も違えば、駐車場の取り方も違ってきますので、生活動線が全然違うものになります。1つだけみて気に入ったとしても4~5案くらいは検討することをおすすめします。

展示場に行って営業さんと話し込んで間取りを書いてもらうのも大変なので「タウンライフ家づくり」で3社から無料でもらうのが良いでしょう^^

もしもこの会社!というのがなければ、木造メーカー、鉄骨メーカーと違う会社を選択して、どんな間取りが出てくるのか見てもよいですよね。

タウンライフ家づくりを使ってみる → 公式ページはこちら

登録は流れにそって3分で終わります!

入力はページに沿って促された通りに入力していけばよいので簡単です。

地域を入力する

家族構成を入力する

家の希望坪数を入力する

部屋数、LDKの大きさを入力

(希望)土地のサイズ

その他、家について希望入力

お客様情報の入力

これで完了です。

基本情報が入力できたら、選択した地域で参加しているハウスメーカーが表示されるので、見積もりと間取りを作ってもらいたい会社を選んで申し込みしましょう。。

提携企業は以下の通りいっぱいありますが、地域や希望によっては数社~数十社になると思います。

この時点では、その会社で建てる、建てないは関係ありませんので、ちょっとでも気になる3社を選んでみましょう。建てたかった会社があれば尚良いですね!

営業電話やメールがきても家はそう簡単に決められないので、普通に断っても良いし、もっと詳しくお話を聞くのも良いでしょう^^


タウンライフ家づくりを使ってみる → 公式ページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です