• メニュー
  • メニュー

【タマホームの坪単価はいくら?】実際の見積もり価格を実例紹介

住宅選びでまず気になるところは価格ですよね。タマホームってローコストと思われがちですが、実際の坪単価と見積もりについてご紹介します。ハウスメーカー選びの参考になればと思います。

ハッピーライフ、ハッピーホームのタマホームはローコストと思って見積もりをお願いしてみました!


タマホームの坪単価について、実際の見積もり価格の実例をご紹介します。

タマホームは地域によっても商品と見積もり価格に違いがあるようなので、あくまで価格帯の参考にしてみてください。

例えば、1地域や2地域などの省エネ基準地域区分で同じ「大安心の家」でも窓の仕様が違っていたりします。今回は「木麗な家」になります。

!坪単価の罠に注意!
坪単価はどこまで含めるかによって大きく変わってきます。
本体工事費や本体基本工事費という名前であったりするのが、オプションなどを何も考慮しない価格になります。この金額には、屋外電気配線工事や屋外給排水工事、雨水排水工事、下水道接続工事など「付帯工事」と言われるものは含まれていないのが一般的です。


タマホームの坪単価は?

実際の見積もり金額の実例紹介

実際のタマホーム資金計画書がこちらになります。

ルーフバルコニーだったり特殊な要求が多いことからベースは「木麗な家」での見積もりになります。木麗な家がプレーンの家になるので、いろいろなオプションが多い人はこのプランに積んでいく感じになると思います。

タマホーム 坪単価

タマホームは延床の㎡ではなく、壁を基準として施工面積を出していくようです。

延床37.06坪
施工面積42.49坪

のお家になります。

42.49坪で15,052,644円になるので、坪単価は35.4万円になります。延床で計算すると、坪単価は40.6万円になります。

坪単価をどう捉えるかになりますが、関東地域の木麗な家の坪単価は「35万~40万」ということになりますね!!!


本体工事費用以外にかかる費用について

タマホームで本体工事以外にかかる費用は以下になります。この項目については各ハウスメーカー・工務店で名前も違いますし、入ってくる場所も違ってくるようです。

タマホームの場合は、この6項目で分類されています。

  • オプション工事
  • 付帯工事
  • 必要費用
  • ご紹介工事
  • その他費用
  • 諸費用

オプション工事

オプション工事は設備のこだわりだったり、アップグレード費用になります。

タマホーム オプション工事費用

あれ付けたい、これ付けたいとなるとこのオプション工事費用がぐんぐんアップしていきます。

私たちの見積もりのオプション工事費用はなんと「6,823,200円」!!

これには理由がありますが、

ルーフバルコニーやキッチンにタカラスタンダードの最上位グレードのセントロ、ダブルボウルの洗面台などお金のかかるものばかり入っています。

ただ、タマホームの他の見積もりを見たことがありませんが、各項目それぞれがいくらなのか単価が不明です。タマホームがどれだけ利益を乗せているのかがわかりませんね。。

果たしてこの600万円が高いのか安いのかすらわかりません!

このオプション工事費用が結局は各家庭それぞれの家の価格の幅の部分になりますね。


付帯工事費用は?

タマホームの付帯工事は、家に住むために必要なライフライン、電気・排水・下水工事などの費用になります。

家の箱が建っても、付帯工事をしてくれないとトイレも手も洗えない、お風呂も入れない、ということですね。

約120万円になります。これは家の大きさに関わらずこれくらいの金額がかかってくるでしょう。


必要費用

必要費用もどうしても掛かってくる費用になります。

図面作成費用、設計料、地盤調査、工事管理費などの費用が「必要費用」になります。

長期優良住宅認定費用は希望によっては必要なくなりますが、タマホームは長期優良住宅が基本になりますので省くことはできないでしょう。

ここの内訳もわかりませんが、他社に比べてちょっと高いような気もしますね。

地域対応費、個別現場対応費ってなに?って感じですよね。

ここまで合計したものが、タマホームの総工事費用となります。

とりあえず、この費用があれば住めるお家を建てることができます。

合計金額から坪単価を計算すると

延床からの坪単価「76.6万円」
施工面積からの坪単価「66.8万円」

になりました。

本体価格だけでは35万円くらいだったのに、結局はその2倍くらいですね。

これが坪単価の難しい所です。
どこまで含めるかで予算が大きく変わってきます。本体価格だけじゃ住めないなら、結局付帯工事もオプション工事も全部必要ですよね。


私たちの要求オプション工事はこちら

ちなみに、600万円をこえるオプション工事って気になりますよね。

主な内容はこちらになります。

  • セントロ (ミーレ食洗器)
  • 鉄骨階段
  • ルーフバルコニー7.5畳(金属防水)
  • ダブルボウル洗面台(リクシルのルミシス?)

になります。

セントロ+ミーレも200万円くらいになると思いますが、ルーフバルコニーが高額になってきます。

タマホームは金属防水なので防水性能は安心できますが、お値段もなかなかします。ルーフバルコニーを作るときはルーフへあがる階段も必要ですし、上がったあとの塔屋(ペントハウス)というものも必要になるので割高になってきます。


まとめ

タマホームは坪単価が安くて、モリモリプランでも予算に収まった!という人のブログを見て、タマホームも訪問して見積もりを取ってみないと!と期待していってみました。

結果、タマホームはローコスト住宅ではなく、営業さんが言うようにミドルクラスのハウスメーカーであることが見積もりからよ~~くわかりました。

結局、本体工事が安くても、あれやこれや付けたら高くなるんですよね。これはどこのハウスメーカーでも工務店でも同じです。

  • 本体価格だけで見たらタマホームの坪単価は35万~、
  • オプション工事は抜きの全てこみこみで延床面積の坪単価は58万円、
  • 施工面積での坪単価は50万円

となってきます。

参考になったら嬉しいです。


おすすめ記事

【アップグレード豪華!】タマホームの展示場訪問ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。