• メニュー
  • メニュー

【ファミクロはいらない?】メリットとデメリットってどんなこと?

最近の流行りの間取りの一つにファミリークローゼット、通称「ファミクロ」があります。よく使う季節ものをまとめたり、家族で1つのクローゼットを共有する目的があります。ファミクロのいる・いらない議論があるようなので、メリットとデメリットについて考えたいと思います。

我が家はファミクロ欲しい派です!ただ、入れたいものが多かったので間取り的に余裕のあるファミクロはあきらめざるを得ませんでした。。。


3つのファミクロのメリット

ファミクロを設けるメリットとしては以下が挙げられます。

一般的に考えられるメリットになります。家庭によってはもっといいよ!というメリットがあるかもしれません。ぜひ、コメントで教えてくださいね。

ファミクロのメリット1:洗濯の導線が楽になる

メリットの1つ目に、洗濯の導線が楽になります。ファミリークローゼットの横にランドリールーム(洗濯機)があれば、乾かした後にそのまま収納することができます。

洗濯機~ホスクリーン~ファミクロという家事動線を作るのも流行っていますよね。勝手口を設けて外で干す動線にする人も結構いますよね。


ファミクロのメリット2:季節ものをまとめられる

例えば夏に使うものなど、その季節にヘビロテする衣服をファミクロに入れておけば、ファミクロだけで家族全員の服がまとめられます。

季節ごとに入れ替えは必要になりますが、夫婦、子どもで別々にクローゼットを持っていたとしても、衣替えで衣類を出し入れ交換という作業は必要ですよね。

その時にファミクロをごそっと変えるだけ!その季節はファミクロに出入りするだけでOK^^


ファミクロのメリット3:1階に設ければ1階だけで生活が完結する

家事動線に近いですが、生活動線をすべて1つの階にまとめることができます。

もちろん間取り次第ですが、お風呂や洗濯などの水回りとファミクロをまとめられれば、上の階へ下の階へとあっちへ行ったりこっちへ行ったりが必要なくなります。

クローゼットという名前ですが、掃除機やインターネットのルーターなども置くこともできますし、広ければなんでも収納可能です。

間取りを考えた時に、できるだけ1階だけですべてが完結できる間取りを考えましたよ。


3つのファミクロのデメリット

ファミクロを設けるデメリットとしては以下が挙げられます。

一般的に考えられるデメリットになります。ほかにももっとデメリットがあるかもしれません。ぜひコメントで教えてくださいね。

ファミクロのデメリット1:収納力が求められる

ファミリークローゼットとして機能させるには、それ相当の広さが必要ですよね。

1畳のファミクロだったら家族4人分の収納はできそうもありません。やはりもうちょっとほしい所です。

また、ウォークイン、ウォークスルーのクローゼット憧れを持ちますが、歩く場所を確保するために収納部分をいじめなければなりません。

満足いく収納量を確保できる場合にはおすすめです。


ファミクロのデメリット2:間取りの制約を受ける

ファミクロを作ろうとするとどうしても間取りの制約を受けてしまいます。

というのも、ファミクロはできるだけ洗濯機などのランドリールームの近くにある方が使い勝手良いですよね。

一直線にランドリールーム~ファミクロという並びにしようとしたら距離が必要になるために、他の間取りの取り合いが難しくなります。

ファミクロのデメリット3:家族みんなで使う…今はいいけど?

ファミリーという名前から、家族みんなで使うクローゼットです。

将来子どもが大きくなった時に、仲良し家族ならいいけれど、、家族で使いたくない思春期の娘や息子が、、、

あー、考えただけで切ないですね(苦笑
各家庭で事情は違いますので、子どもからずーっと便利なファミクロになる場合もありますし、ちょっと使いづらいことになるかもしれません。


ファミクロは何を収納する!?

ファミクロ いらない メリット デメリット

ファミクロを玄関のシューズクローク(SIC)から続く形にするケースと、ランドリールームから続く形、そしてその両方の間取りがあります。

それによって収納されるものが変わってきます。まず、メインにどんなものを収納したいか考えてみましょう。

一言でファミクロと言っても、収納するものは家庭によってそれぞれ違ってくると思いますよ。

シューズクロークから続くファミクロ

玄関~シューズクローク~ファミクロと続く場合は、外着を掛けたりするクローゼットにもなります。これも非常に便利だと思います。

ただ、ちょっと砂っぽい、埃っぽいシューズクロークと隣接するのが少し気になります。


ランドリールームから続くファミクロ

こちらが一般的なファミクロだと思います。

ランドリールームで洗濯したものを室内干し、あるいは外干しをしてファミクロに収納する動線です。外着を掛けても良いですがどちらからと言うと、クリーンなものを収納するイメージですね。

お風呂からランドリー、ファミクロと続く場合は、お風呂の湯気が充満してファミクロの衣類にカビが入ることが心配されます。引き戸などでしっかり区切れるようにするのが良いと思います。


玄関~ファミクロ~ランドリールームと続くファミクロ

こちらは両方のバージョンです。大きなファミクロを取ることができたら、ファミクロの半分を外から帰ってきたハンガー掛け、その半分は洗濯したものを収納するクローゼットとして使います。


まとめ

今流行りのファミリークローゼット。メリット、デメリットをよく理解して検討してみてください。

個人的に間取りに余裕さえあればファミクロはおすすめだと思っています。衣類が一か所にまとめられるメリットはとても大きいですよね。ただ、場所を取るのは確かですね!><

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。